ヘアカラー特集

自宅でするヘアカラー

自宅でヘアカラーをして、こんな体験はありませんか?

・あれれ、カラーがすぐに落ちてくる!

・髪がごわごわなって、まとまらなくなった

・ツヤがなくなり、痛んでしまった!?

こんな体験で、失敗したなぁと思ってる方は多いと思います。
そこで、今回は特別に正しいヘアカラーの手順と
サロン専用ヘアカラー「パッション カラー」を特別にご紹介します!

サロン専用 ナプラ パッションカラー

ナプラ パッションカラー

ナプラ パッションカラー

※ ご希望カラーの見本をクリックして、各カラー商品ページへ移動してください。

パッションカラー パッションカラー パッションカラー パッションカラー パッションカラー パッションカラー パッションカラー パッションカラー パッションカラー パッションカラー パッションカラー

カラーの前に必ずパッチテストを行いましょう

パッチテストとは、ヘアカラーで使用する液剤で皮膚が反応するかどうかを調べるテストです。
過去に異常なくヘアカラーしていた方でも、体質によりかぶれるようになっている場合もありますので
ヘアカラーをする前には毎回、必ず行ってください。

パッチテスト手順

手順1. 手順2. 手順3.
ヘアカラー1剤と2剤、綿棒と脱脂綿を用意します。1剤と2剤を少量、綿棒で混ぜ、テスト用のヘアカラー薬剤を作ります。 テスト用のヘアカラー薬剤を綿棒でとり、腕の内側に5円大ぐらいにうすく塗って乾燥させます。 ※時間を置いても乾かない場合は、余分な薬剤をティッシュペーパーで拭き取って下さい。 そのまま触れずに48時間放置します。塗った部分が赤くなったり、発心が出来たり、かゆみが発生したりと、皮膚に異常が表れた場合は、すぐに洗い落としてヘアカラーをしないようにして下さい。

ヘアカラーに必要なもの

ヘアカラー 必要なもの
ヘアカラー 必要なもの ナプラ
パッションカラー1剤
サロン専売品のヘアカラー剤1剤です。ご希望のカラーをお選び下さい。
※2剤とセットでお使い下さい
ヘアカラー 必要なもの ヘアカラー2剤 サロン専売品のヘアカラー2剤です。
※1剤とセットでお使い下さい。
※2剤は、画像と異なる商品が届く場合もございます。
ヘアカラー 必要なもの 肩ケープ 薬剤を塗るときに、液だれを防ぎます。
ヘアカラー 必要なもの 薬剤トレイ ヘアカラー剤をいれる容器です。しっかり安定したものを選びましょう。
ヘアカラー 必要なもの クシ付きブラシ クシがある方が髪にしっかりと薬剤を塗ることができます。
ヘアカラー 必要なもの 手袋 薬剤から手を守ります。洗えば何度でも使えます。
ヘアカラー 必要なもの イヤーキャップ 薬剤から耳を守ります。こちらも洗って何度でも使えます。
ヘアカラー 必要なもの 前処理剤 髪の傷みを修復し、カラーの色を入りやすくします。
ヘアカラー 必要なもの 後処理剤 髪の残留アルカリを除去し、pH値を正常な状態に戻します。

カラーの作業手順をご案内

タオルを首にかけ、肩ケープをかけます。
タオルを首にかけ、肩ケープをかけます。

前処理剤を髪全体に塗布しドライヤーで乾かします。
前処理剤を髪全体に塗布しドライヤーで乾かします。

ヘアカラーの準備をします。1剤、2剤を1:1の割合で配合。
ヘアカラーの準備をします。1剤、2剤を1:1の割合で配合。

ヘアカラーの薬剤を髪に塗っていきます。塗り方の詳しい説明はコチラ!
ヘアカラーの薬剤を髪に塗っていきます。

塗り終わったらしばらく髪を置き、時間が来るまで待ちます。
塗り終わったらしばらく髪を置き、時間が来るまで待ちます。

染まっていたらシャンプーでよく洗い流しましょう。
染まっていたらシャンプーでよく洗い流しましょう。

後処理剤でアルカリ性になった髪を弱酸性に戻します。
後処理剤でアルカリ性になった髪を弱酸性に戻します。

髪を健康な状態にするためにトリートメントをします。
髪を健康な状態にするためにトリートメントをします。

生え際に付着した余分なカラー剤をコットン等で拭き取ります。
生え際に付着した余分なカラー剤をコットン等で拭き取ります。

ドライヤーで乾かして綺麗なヘアカラーの出来上がり♪
ドライヤーで乾かして綺麗なヘアカラーの出来上がり♪

ヘアカラー剤の塗り方

初めてヘアカラーをする方

1. 根元約1cmを残して、中間~毛先へ塗布します。(自然放置15~20分)
2. 根元部分の塗布を行います。

ヘアカラーを既にしていて新しく生えた部分が2cm以下の方

1. 新しく生えた部分に塗布します。(自然放置15~20分)
2. 必要に応じて、既に染まっている部分にコームスルーをします。(自然放置5分)

ヘアカラーを既にしていて新しく生えた部分が2cm以上の方

1. 根元部分約1cm程度残して、新しく生えた部分へ塗布します。(自然放置10分~15分)
2. 根元部分への塗布を行います。(自然放置5分)
3. 必要に応じて、既に染まっている部分にコームスルーをします。(自然放置5分)

ご注文からお届けまで

ご注文からお届けまで

営業日について

お問い合わせ:営業日10:00~17:00
休業日、営業時間外でのメール返信、電話でのお問い合わせ、商品の発送は翌営業日になりますのでご了承ください。

ページトップへ